【リード文の書き方】使える要素と具体例

リード文の何たるかなんて説明しません!

リード文に使える要素を、具体例を交えながら、思いつくままあげてみます。

それでは行ってみましょう!

テーマは「睡眠」です。

漫画の有名なセリフ

「トトロ!あなた、トトロって言うのね?」

メイがトトロのお腹の上で話すシーンを思い浮かべて下さい

あんなお腹の上で眠れたら、どんなに気持ちが良いことでしょう

訪問者の記憶を呼び起こす

突然ですが、あなたは昨日夢を見ましたか?

夢を見たと言う人は、それがどんな夢だったか思い出せますか?

それとも夢を見たか思い出せないほど、ぐっすりと眠れていましたか?

例え話

寝ることと活動する事って、なんだか月と太陽の関係みたい

地球にとって、月と太陽の両方が重要であるのと同じで

あなたにとっても、寝ることも活動する事も無くてはならない必要な事。

命令文

早く寝なさい!

昨夜も私は子どもに言いました。

寝る前にはしゃいで遊び出す子どもに、何度私は注意してきた事でしょう。

否定文

重要な事は、睡眠時間の長さではありません!

この記事を読んでからは、長さよりも質を意識して下さい。

そうすれば、あなたの睡眠の悩みもきっと解決できるでしょう。

いかがでしょうか?

リード文は、サイト訪問者を惹きつける為に重要なフックです。

ブログの冒頭から興味を持って貰えなければ

どんなに為になる内容を書いていても、読んで貰えず

戻るボタンでさようならー

せっかく気づいて貰えたとしても、そこにフックが無ければ

検索エンジンの大海原で流されて見失われてしまうでしょう。

一生懸命あなたが書いたブログ。少しでも多く読んで貰いたいですよね。

まずは、冒頭だけでも見直してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする